呉服屋 若旦那日記

呉服屋・着物業界を語る。
呉服屋 若旦那日記トップ > 呉服屋日記

地方の専門店とネットショップ

楽天ネットショップオープンから一ヶ月。
予想通り?苦戦中である。
楽天市場という大海原の中で地方の一専門店がどうやって個性を出し、売り上げを伸ばしていくのか、まだまだ試行錯誤の日々は続きそうだ。
ところで、地方の専門店を見てみると当店に限らずおおむね苦戦していると言って過言ではないだろう。
その中で好調な店の特徴を自分なりにリサーチしてみた。
まず一つは、その商圏の大半を囲い込んでいること。
言ってしまうと、他の競合店との共存を許さない方法である。
化繊、プレタから高級呉服までまんべんなく扱い、その地域で一人勝ちの状態をつくれる店。
もう一つは強力な個性を持つこと。
秋田市内にもアジア雑貨や工芸作家の作品を常設するギャラリーを持つ店などもあるし、他にも若向きに特化するとか、古着や貸衣装の強い店なども範疇に入るだろう。
最後の一つは他の収入源を持つこと。
もともと呉服屋というのは資産家だった家が多いので、身もふたもない言い方になるが不動産収入等の副業の稼ぎで不安定な本業を補填しているケースが案外と多いと思う。
かくいう当店においても、副業の不動産のいくばくかの収入に助けられていることは否めない。
現状はこういったところである。
古きよき時代の呉服屋のやり方で大もうけできるほど世間は甘くはない。
好調に見える店は、それをベースに日々様々な模索を続けている。
私自身、不景気と言われるこの状況下、自分の店をどうやって舵取りをしていくかいろいろと考えてみた。
未だ模索中ではっきりとした答えは出ていない。
が、しかし枠の中での発想からはおそらく何も生まれないことは確かである。
インターネットやネットショップが状況を劇的に変えてくれるとは思わないが、ヒントを与えてくれるツールではあるし、また自分の地域以外の全国のお客と触れ合うことがプラスに働く部分が大きいと思う。
地域密着と同時に全国へも発信する、というのが理想形であるのだが、まだまだ時間がかかりそうだ。
頑張らなくては。

楽天ショッピングサイトオープン!

9月21日楽天ショッピングサイト、晴れて新装オープンしました。
「逸品の店 きものの都美屋」
http://www.rakuten.co.jp/kimonotomiya/

まだ商品数も少なく作りこみもまだですが、序々にアップさせて行きたいと思っています。
専門店ならではの逸品と、趣味の和装小物を中心に展開して行きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

ひさびさの日記

ひさびさの日記である。
「原稿は仕事から一歩も外に出ないものにする」ということをモットーにしているせいか、少々ネタ切れの感があり、また楽天のページ製作が長引いたせいもあり結構ブランクが空いてしまった。
ゆかたナイト」は、おかげさまで盛況に終り、三回目にしてリピーターの方も目に付くようになってきた。
平均して30人以上の動員が見込めるようになり、続けて行けるだけの見通しがついてきた。
問題は本業の方である。
若い人達は序々に店に来つつあるが、今までの顧客の高齢化にまだ追いつかずなかなか厳しい現状である。
ネット戦略も含め、私の方向性は決して間違いではないと自信を持って言えるが、それでもまだまだ足りないところが多い。
後悔しないように頑張って行かなければいけないと思うこの頃だ。

浴衣ナイト

この度正式に決まりましたので、インフォメーション告知を致します。

「ゆかたナイト 〜真夏の夜の夢in THE CATWALK」

日時 8月18日(土)PM7:00(開場6:30)
開場 THE CATWALK(秋田市大町3−4−11ハイクリエイトNKビルB1)

きものを気軽に楽しむ!というコンセプトのもと新しい形の「きものパーティ」です。
今回は夏に合わせて、もっとラフに浴衣で(夏物きもの、洋服でももちろん結構です)秋田の夜を楽しみましょう!
夏の夜を奏でるジャズミニコンサート、さらにはお楽しみ抽選会など盛り沢山の内容です。

(演奏)
堀貴子(ピアノ)
高橋なるみ(サックス)

入場料 3000円(フリードリンク&オードブル)
前売り券は都美屋呉服店、ココラボラトリー、トピコプレイガイド、キャットウォークにて7月23日頃より取り扱い予定です。
あらかじめ予定人数がオーバーした場合は当日券は発行しませんので、前売り券を購入されるか、事前に都美屋までご予約ください。
(予約、お問い合わせはTEL018−833−1529、メールアドレスt-mamoru@oregano.ocn.ne.jpまで)

近況報告

久々の更新である。
現在進めていることが二つ。
一つは「浴衣ナイト(仮題)」の開催準備である。
簡単に言うと、過去二回の「きものナイト」の夏バージョンなのだが、今回はトークタイムなしでコンサート&飲み会のパーティスタイルでやろうと考えている。
トークタイムに関しては、今までのパターンではネタ切れの感が否めないところであるし、ゲストトークとからめるなど新しいパターンを探って行くため今回は準備期間として見送らせて頂いた。
浴衣や夏物のきものを着て、気軽にジャズを楽しむ肩肘張らないパーティを開こうと考えている。
8月18日(土)秋田市大町キャットウォークにて開催予定。
詳細は決まり次第掲載致します。

そしてもう一つが楽天でのショッピングサイト開設。
なかなか準備がはかどっていないが、今月末位までにはオープンするつもりである。
楽天内のあまたのショッピングサイトに価格競争を挑んでも勝ち目はないことだし、専門店ならではの独自性を打ち出すつもりだ。
こちらもオープン次第告知致します。
乞うご期待!

地域コミュニティと呉服屋

ひさびさの書き込みである。
ここ一ヶ月位いろいろと忙しく、なおかつ個人的にややテンションが下がり気味だったゆえブランクが空いてしまった。
末日にして5月最初の書き込みとなってしまったわけである。
ところで呉服業界全体として、景気のいい話が聞かれなくなってしばらく経つ。
というか、私自身この業界に入って十余年、自分の親達の世代のような「売れて売れて仕方がない」という状況にお目にかかったことがない。
それに関しては過去このブログでも何度となく触れている話ではあるが、最近感じることとして「地域コミュニティ」の崩壊、衰退といった部分が大きいように思える。
従来の人と人とのつながりという部分が薄くなってきたように感じられるのだ。
誤解のないように言っておくが、呉服販売の基本は人と人との対面販売であることは昔も今もそんなに変わりはない。
ただ、コミュニケーションの質の面は大きく変わりつつあると思う。
商店街の衰退や高速交通体系の飛躍的進歩によって、従来の「地域一番店」や「老舗の暖簾」というのが昔ほど意味を成さなくなってきたように思えるのである。
例えば全国に発信出来るオンリーワンを目指すのか、サービスを徹底させてかゆいところに手が届く「地域に限りなく根ざした店」を目指すのか、あるいはインターネット販売で販路を全国に拡大するのか、いろいろと方法はあるにせよその店ならではの特色を前面に出さないことには通用しなくなってきているのだ。
地域コミュニティの質は大きく変わりつつある。
それをしっかり見据えないと取り残されてしまうばかりである。

第2回きものナイトinココラボ

おかげさまで大盛況でした。
ご来場くださった皆さんには心より御礼申し上げます。
あいにくの天気の為か、前回よりは来場者がやや下回ったものの、お客の反応はよく心より楽しんでくれたようです。
次回はどういう形でやるか思案中ですが、きものを着てもらうきっかけ作りとしてイベントは続けて行くつもりですので、今後ともよろしくお願いします。

第2回きものナイトinココラボ

ちょっと分かりづらかったようなので、改めてご案内をアップいたします。

「第2回きものナイトinココラボ」

平成19年4月14日(土)PM7:00〜9:00

会場 秋田市大町ココラボラトリー

昨年の10月に引き続き、きものを気軽に楽しむ!というコンセプトのもと新しい形の「きものパーティ」を企画しました。
ミニコンサート、出演者と一般のきものファンを交えてのトークタイム「きもの井戸端会議」、さらにはお楽しみ抽選会など盛り沢山の内容です。

出演者
 
阿部律子(フリー司会、リポーター、きものコンサルタント)
ZEN(AAB「サタナビっ」ナビゲーター)

ミニコンサート

北嶋奏子(ヴァイオリン演奏)
吉田妃呂子(フルート演奏)

入場料 1500円(フリードリンク)
前売り券は都美屋呉服店、ココラボラトリー、トピコプレイガイドにて3月21日頃より取り扱い予定です。
あらかじめ予定人数がオーバーした場合は当日券は発行しませんので、前売り券を購入されるか、事前に都美屋までご予約ください。
(予約、お問い合わせはTEL018−833−1529、メールアドレスt-mamoru@oregano.ocn.ne.jpまで

展示会のとあるお客

先日、一組の親子連れが来店した。
訪問着が見たいとの事。
聞けば娘さんの嫁入り仕度らしい。
その時はちょうどいいものがなく、その次の週が展示会だったのでとりあえず案内状を渡して「ぜひいらしてください」と薦めた。お客も「じゃあ来週来ます」という返事。
というわけで展示会の時、その言葉の通り来てくれたのだが、何やら様子がおかしい。

着物blogランキングへ ペン続きを読む

流通ルートの変化

流通ルートの変化

昨日、新規の問屋の方が店にやってきた。
聞けば近隣で催事をやった後、乗り換えの時間が余ったので専門店に寄ってみたとのこと。
続きを読む
タグ:流通

秋田八丈の復活

秋田八丈の復活

ここんとこ、ネガティブな話題が続いたが、気分を一新して少し希望の見える話題に触れてみようと思う。
平成15年に最後の一軒が廃業し、姿を消した秋田八丈に復活の動きがあるらしい。
続きを読む
タグ:秋田八丈

正月の東京出張

先日、恒例の東京出張に行って来た。
仕事以外にもいろいろと人に会ったりして、それなりに収穫の多い二泊三日だったが、やはり気になったのは日本橋問屋街が年を追うごとに活気を失っていることである。
続きを読む
タグ:東京 呉服屋

今年もいよいよ終りです。

というわけで、今日は大晦日。
紅白もつまらないので、パソコンに向かっている次第である。
気が付くと、このブログも一日平均100〜150位のアクセスカウントを出すようになってきた(今月はあまり更新していないので、下がり気味ですが)。
人気ブログとまでは行かないにせよ、どうやら安定した人気?があるようである。
やっている方としても、日常の商売ではなかなか感じ得ない反応が帰ってきたりして結構新鮮で楽しい。
相変わらず商売の方はなかなか厳しいものがあるが、イベント「きものナイト」をはじめ、これからに繋がる布石はいくつか打って来たつもりである。
あとは実を結ぶように、点を線に変える工夫や努力を続けていくのみである。
世の中には、私が思っていた以上にきもの好きな人が多い。
今年一年いろいろと動いての偽らざる実感である。
きものも、この商売も大変だけど決して捨てたものではない。
来年は、もっと沢山の人達がきものを着て喜んだり楽しんだりする姿を見てみたい。
一年間ありがとうございました。来年もよろしく。

地方の専門店

地方の専門店

高速道路、新幹線といった高速交通体系が全国の主要都市を結ぶようになって久しい。
秋田にも秋田自動車道、秋田新幹線が開通して、今では仙台まで高速道路で3時間、東京までは新幹線で4時間で行くことが出来る。
このことは、うちの店のような地方主要都市の専門店にとって少しずつ影響が表れて来ているように思えてならない。
続きを読む

現在、未来

ここのところ、「きものナイト」のイベントに始まり、ミクシィのきものオフ会、「きもの忘年会」と立て続けに動いている。
店の方も着付け教室だけではなく、出張着付けについて資料を集めている最中である。
私自身、今動いていることは、きもの振興そして我が家の売り上げアップの為の先行投資的な部分が大きいと思う。
今現在は、動きの割には直接的な売り上げアップにはさほど繋がっていないが、これを怠ると5年先10年先には確実に息の根を止められてしまうことだろう。
バッド(下向き矢印)続きを読む

商品仕入れについて

商品仕入れについて

年に3〜4回、仕入れの為出張に出るのだが、最近行く度にフラストレーションが少しずつたまってくるような気がする。
とにかく欲しいもの売れるものがない!
逸品物にせよ値ごろ品にせよ、ない!
中間層の無難なものだけがやたら目に付く。
バッド(下向き矢印)続きを読む

その後のきものナイト

ひさびさの書き込みである。
この間、管理人S氏に「youtube」に動画をアップしてもらっていたのだが、未だ怖くて予告編しか観ていない。
トークにおける私のしゃべりには、無かったことにして欲しい箇所が多々ある。
バッド(下向き矢印)
続きを読む

コーディネイト

コーディネイト

今月は更新が多い割には、インフォメーションがやたら多い「若旦那日記」である。
先日、知人に「最近、内容がないですねー」と言われてしまった。
「きものナイト」の準備でそれどころではないという内輪の事情があったのだが、久々に普通の原稿に戻ってみようかと思う。
こないだ、着付け教室でRさんと会った時、今回の反省点と次回についての話になった。
バッド(下向き矢印)続きを読む

「きものナイト」無事終了

「きものナイト」盛況のうち無事終了しました。
トークタイムの私の司会進行は冷や汗ものでしたが、それを補ってあまりあるのが工藤東子さんの箏ミニコンサートでした。
現代音楽調の激しい音色には従来のイメージが良い意味でくつがえされました。
みなさんご来場ありがとうございました。

ブログについて

ブログについて

ここんとこ、「きものナイト」の準備に追われブログはサボり気味だったのだが、ひさびさに書いてみようと思う。
昨日、私が所属する某会でブログについてのパネルディスカッションが行われた。
バッド(下向き矢印)続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。